jippiniusの自然科学研究

ジッピニウスの自然科学や技術関連についての備忘録です。

大阪で「日曜日に最高値更新」の意味

大阪の本日の新規感染者だが、日曜日にもかかわらず最高値が更新された。これは報道でも大きく取り上げていたし、多くの人が驚いた結果だと思う。報道ではさらに、10-30歳の「若い層」が餌食になり始めているというのと、40-50歳の中間層が「重症化しやすくなっている」とも伝えていた。医療資源が急速に失われているという状況は深刻である。一刻も早く「第4波のピークアウト」が求められるところなのだが、日曜日に最高値が更新されるということは、来週さらなる地獄が待っている、ということを意味しているようで、不吉である。

本日の結果を予想曲線に重ねてみると、下の図のようになった。

f:id:jippinius:20210419000932p:plain

大阪の予想曲線(毎日の新規感染者数に対する)

予想曲線の下側に大きく「垂れ下がる」データがあるが、本来これが日と月曜日のトレンドである(月曜が一番低い数字が出る傾向が高い)。昨日の夜、「明日も垂れ下がるだろうが、日曜同士の増加度合いが問題となるだろう」と考えていた。ところが、垂れ下がるどころか「最高値」となってしまったのである。これが意味するのは、来週は「跳ねる」ということではないだろうか?すでに「跳ねている」のに、さらなる「跳ね」があるということである....こんな感染爆発の仕方は今まで見たことがない。変異株N501Yの恐ろしさを実感している。

実は、今日の「垂れ下がり方」次第では、今日あたりにピークアウトの予兆が見えるのではないかと考えていたのだが、この予想は見事に打ち砕かれてしまった。実は、予想曲線を最初に描いた時は「まあどうせ外れるだろうが」と高をククっていたのだが、信じられないことに、現実の方が予想曲線に近寄ってきているような気配を感じる(もしかするとピークの位置が若干後ろにずれるかもしれないが)。

明日の月曜は、週の中で最も低い数字がでる曜日である。このトレンドが破られることになると事態は一層深刻である。希望的な観測があるとすれば、「大阪府の集計があっぷあっぷとなってしまい、数日前のデータをまとめて集計したので、あたかも日曜日に多くの感染者数が発表された」という”人為的な最高値”になっていただけ、ということなのかもしれない。だとすると、明日の結果はしっかりと下がってくるはずである。しかし、そうではなく、本当に日曜のデータが多かったとしたら....そのときは、突然変異株の恐ろしさに天を仰ぐしかないのかもしれない。