jippiniusの自然科学研究

ジッピニウスの自然科学や技術関連についての備忘録です。

新型コロナウイルス の深い後遺症の可能性

 

経済と新型コロナウイルス

最初に英国政府が採用しようとして断念した「集団免疫政策」は、スェーデン政府によって実行されたものの、「失策だった」という反省と「多くの人を無用に死なせてしまった」という後悔で終わった。続いて、恐怖やストレスから早く逃れたいという短絡的な希望に人々の心は捕まってしまった。面倒かつ辛くのし掛かってくる「科学的な思考」から逃れようと、多くの人が根拠のない思い込み、例えば「コロナは風邪」とか「コロナウイルスは政府の謀略であって実在しない」といった都合のよい結末を求める人が増加しはじめ、アメリカ合衆国やブラジル、それにヨーロッパの諸国を席巻した。

このような流れが交じり合うとともに、「日本人は特別」という(同様に)根拠のない信念が結びつき、「経済を回す」という日本の政策が実施されることになった(これはアメリカやブラジル、イタリア、スペインなどでも同じである)。

その中心にある考え方は、「数万人程度の感染者が出てもたいしたことがない。軽症が大半の若者が感染者ならなおのこと。死者さえでなければ、感染者まみれの社会でもいいじゃないか( "with コロナ"という概念の本質はここに尽きる)」というものである。政策決定者の心のうちにある本音は、「一番大事なのは(富裕層1%のみで還流する)経済なのだから、感染など気にせず国民に最前線に突っ込んでいってもらいたい」ということのみである。

(ただし、総理大臣についてはちょっと違うようである。彼の最大の関心事は実は経済ではなくて、支持率を上げることにあるという報道があった。支持率にこだわる理由は、憲法改正によって軍隊を持てる国にしたいからだ。2/3の国民が彼の野望を認めてくれるどうかだけが気がかりなのだ。経済はそれを可能にするための「撒き餌」ぐらいにしか考えてないとう論説である)。

深い後遺症の可能性

これまでにも、新型コロナウイルス の引き起こす問題は様々な観点から議論されてきたが、無数に存在する「コロナウイルス」 という種類の中で、人間に罹患することがこれまでに確認されていた2種類が「風邪症状」しか示さなかったことで、「コロナは風邪」という誤解が広まった(専門家や専門家もどきの厚生技官にもそういう意見の人がいるのは驚きだ)。これは無理解、知識不足を虚勢で退けようとする人間の弱さに起因すると思う。未知のものや理解できないものを、人間は怖がる性質をもっている。

一方で、重症化した患者の中に、不整脈や息切れ、倦怠感などが、回復後数ヶ月ものあいだ続くことは報告されていたが、「そうなる確率が一定の割合である」程度の理解で終わっていた。つまり、後遺症を心配する人たちも、結局のところ「大半の感染者は軽症に終わってしまうから、"コロナは風邪"という主張は近くはないが遠からず」だと考えていたのであった。

abcnews.go.com

ところが、ドイツ(フランクフルトの病院)の研究者が先週あたりに発表した結果が世界中の研究者を驚愕させている。軽傷や無症状で終わった感染者も、深い後遺症を残してしまうというのである。しかもそれは(やはり)「心臓病」であった!

khn.org

論文はこちらから読むことができる

Outcomes of Cardiovascular Magnetic Resonance Imaging in PatientsRecently Recovered From Coronavirus Disease 2019 (COVID-19)

Valentina O. Puntmann, MD, PhD; M. Ludovica Carerj, MD; Imke Wieters, MD; Masia Fahim; Christophe Arendt, MD; Jedrzej Hoffmann, MD;Anastasia Shchendrygina, MD, PhD; Felicitas Escher, MD; Mariuca Vasa-Nicotera, MD; Andreas M. Zeiher, MD; Maria Vehreschild, MD; Eike Nagel, MD

ドイツ(フランクフルトの病院)で100人の新型コロナウイルス の患者を対象に、「回復後」2−3ヶ月後にMRIを使って心臓の損傷を調べた結果、心筋に大きな損傷が残っていたり、炎症が続いているケースが、8割近くの患者に見られたというのである。新型コロナウイルス の症状自体が、重症だったか、軽症だったか、あるいは無症状だったかにはまったく無関係だという。つまり、新型コロナウイルス は、心臓疾患の後遺症を罹患者に満遍なく残してから去るというのである。(加えて、抗体が長続きしないという報告も別にあるので、またいずれやってくるということも多いにありうる。)

心筋に炎症が起きるのは、新型コロナウイルス が、心臓にも存在するACE2酵素をエントリーポイントにして心筋細胞に直接感染し、それを抗体や免疫細胞が攻撃するからである。PCR検査で陰性が確認され「回復」とみなされても、心筋細胞における炎症は残り続けることが多いらしい。また、一度損傷した心筋はもう元には戻らないという。これは肺と同じで、不可逆な損傷というから、恐ろしい。健康な若者やプロスポーツ選手でも、新型コロナウイルス に罹患すると、永久的に残る心臓への後遺症によって健康が大きく損なわれる可能性が高まったという。

この論文以外にももう一つ同様の報告がドイツの研究者から上がってきており、どうやらこの主張、発見は正しい目算が高まったのである。そのため、世界が注目している。

「"With コロナ"は完全に誤り」の可能性が高まる

したがって、「感染者はある程度やむを得ない。感染してもいいから、経済活動を回していこう。風邪と同じように、これからは新型コロナウイルス になんども感染する新しい社会となるのだ」という、いわゆる"With コロナ"社会の考え方は、根本から見直さないといけない。

何回も感染していたら、そのうち心臓が耐えられなくなってしまだろう。2月や3月といったかなり初期の段階で、中国やアメリカの研究者はすでに、心臓病を抱えている人が新型コロナウイルス で死亡する確率が2、3倍高い、と報告していたくらいである。

若く、健康で、既往症のない人々が、気軽に新型コロナウイルス に感染してしまい、3ヶ月後に抗体が薄まったタイミングで再び罹患するようなことになれば、そのときは「心臓病の既往症もち」だから、死亡率は高まるはずである。若くても、健康でも、2年後、3年後に死者リストの中に入ってしまう可能性が高いのだ。

「”With コロナ”社会というのは、人間の無知、無理解に基づく、愚かな幻想だった」と未来の歴史学者に書かれないよう、すぐにでも方向を転換しなくてはならないと思う。

新型コロナウイルス を殲滅させるしか、道はない

新型コロナウイルス は殲滅させねばならない!(7月末にも同様の主張をした。)PCR検査の大規模実施、完全なる隔離を中心に、マスクや自粛、経済支援など織り交ぜながら我々人類は殲滅戦に乗り出さねばならない。