jippiniusの自然科学研究

ジッピニウスの自然科学や技術関連についての備忘録です。

沖縄の感染状況

琉球新報によると、沖縄の小学生が新型コロナウイルス に感染したことがわかったという。この学校には、米軍関係の子供達もいて(彼らはおやすみしているそうだが)、目に見えない何らかのルートでウイルスが侵入しているのではないか、という恐怖は、以前から保護者の間に広がっていたという。

アメリカの突然変異型D614Gがこういうmixed poolで日本国内に持ち込まれると、爆発的な感染が発生する可能性があると我輩は考えている。そこへGo to キャンペーンでやってきた首都圏の観光客が入り込んで、首都圏へとウイルスを持ち込むのが、今一番恐れているシナリオである。

沖縄県の陽性判明者は7/19-7/22まではコンスタントに2人で来ていた。これでも多いと思うのだが、7/23に5人に跳ね上がった。そして7/24の今日ついに10人となったのである。気になる感染者の内訳はまだ発表されていない。

一方、在日米軍基地に関しても嫌な情報が入りつつあるようだ。沖縄県には「本日の新規は二人」と報告してきたそうだが、英語で書かれた基地内向けのSNSには「more than 41 cases」と発表していたため、沖縄県が米軍に確認したところ、「詳細を確認中だが、かなりの数が出そう」などと、どこぞの知事のようなことを言って返してきたそうである。ということは、今回の米軍の大規模クラスター感染は総計で200人を軽く超えてしまった可能性が高い。ああいう、どんちゃん騒ぎの密集でこの感染症がスーパープレッドすることが明白となった。