jippiniusの自然科学研究

ジッピニウスの自然科学や技術関連についての備忘録です。

コロナウイルス

世田谷区の新規感染者が0人だった

本日の新規感染者をみたら、世田谷区が0人だった(他に江戸川区も0人だった)。はたして、無作為PCR検査が効いてきているのか、それとも毎月曜は検査が少なく出るので、世田谷区の検査機関はお休みの日なのか?(ちなみに先週は2人だった。) この「0」の…

週刊:東京23区の感染者発生トレンド(10)

前回の感染トレンド報告は8月29日だったから、ひと月半近くこの分析を休んでしまった。毎週毎週、似たような結果しか出ておらず、飽きてしまったのが一番の理由である。 しかし、ここにきて新たなトレンドが見えてきたので、再開する気持ちに傾いてきた。ま…

長野県の死亡率が急上昇:交差免疫の仮説が揺らいできた

9月の終わりに書いた「県別の死亡率」のグラフにおいて、新潟県、静岡県、長野県、栃木県といった地域の死亡率が0.3%以下となり、他の都道府県に比べて、値が非常に小さいことを指摘し、「交差免疫」の可能性について議論した。 このひと月の間に、死亡率の…

東京都の木曜日の感染者数

日大のクラスターや埼玉の劇団のクラスターなど、クラスター感染の数が少しずつ増えていて、新規感染者の全体数も目に見えて増加しているのがわかる。しかし、多くの人々はこれらの「異常な日常」に慣れてしまって、もはやこの程度の増加では大きなニュース…

世田谷にある日本大学の運動部寮で大規模クラスター感染発生

数日前から、「東京の私立大学の運動部でクラスター感染が発生」というニュースが流れていた。しかし、どの大学なのかについての報道が伏せられていた。 www3.nhk.or.jp こういう「隠蔽系」の大学といえば、真っ先に頭に浮かぶのが「某N大」であるが、このと…

CDCはCenter for Disease Controls and prevention、ではiCDCは?

CDCのホームページにいくと、CDC: Center for Disease Control and Preventionと書いてある。小池知事が「東京版CDC」を10月から設置するというので、楽しみに待っていたのだが、なかなか関連するホームページがみつからず困っていた。どうも普通の英語とは…

大統領が精神崩壊したときに備える新しい憲法修正案

アメリカの大統領が新型コロナウイルス に罹患し、抗炎症薬であるデキサメソゾンを服用していることが判明しているが、この薬は副作用として精神異常を誘発する可能性があるとされる。 最近のトランプ大統領の行動は(どうみても精神異常が疑われるような)…

新型コロナウイルス の「空気感染」の可能性

最近、英米で「空気感染」の可能性についての研究が進んでいる。アメリカのCDCは、先月「空気感染の恐れあり」とホームページに一旦掲載したのだが「草稿段階のものを誤って掲載してしまった」として、即刻取り下げた。 edition.cnn.com このCDCの動きについ…

トランプ、ついに感染!

アメリカの大統領ドナルド・トランプがついに新型コロナウイルス に感染したことが判明したと、報道機関が一斉に伝えている。 abcnews.go.com www.theguardian.com www3.nhk.or.jp 大統領選挙前に米国でワクチンを承認するとかしないとか、という議論の前に…

交差免疫の可能性

交差免疫の可能性再び NIHから久しぶりのメール 交差免疫の可能性再び 交差免疫の可能性は、春先の段階で多くの(日本の)医学関係者に指摘されていたが、一番最初の報告は、東京大学の児玉教授の報告だったと思う。そのときは、我輩自身があまり免疫のこと…

シルバーウィークから1週間経過

シルバーウィークから1週間が経過した。この連休期間に感染した人たちが、そろそろ発病して具合が悪くなり始めるころである。まずは、昨日までの結果を見てみたい。 東京の新規感染者(7日間の総計の比較、ただし最後の週だけは6日分) 0-16週目までは、7日…

棒グラフの応用:県別の死亡率

昨日覚えたばかりの棒グラフを、県別の死亡率に応用してみることにした。いままで、死亡者数の統計がなかったのだが、最近NHKが県別のデータを公表し始めた。ただ、「棒グラフ」の形式でのみの公開であり、分析するためには自分でアスキーデータに焼き直す必…

グラスゴー大学で172人の大規模クラスター感染

www.gla.ac.uk 「英国の大学でクラスター感染」と報道していたが、調べてみるとスコットランドだった。しかもグラスゴー大学!ケルビン卿がいた一流校である。 英国の多くの大学は10月から「新年度」である。その直前には新入生の歓迎などのレセプションが行…

gnuplotで棒グラフ

「東京都の新規感染者」とかいうタイプのグラフを描くときは、棒グラフにすると相場が決まっているようで、それ以外はあまりみたことがない。我輩が先ほど使ったのは折れ線グラフなので、どうも評判がよくない(かどうかは知らないが...)。 そこで、gnuplot…

秋の連休による効果

9月の4連休は、19(土),20(日),21(祝),22(祝)であった。 東京都が発表した新規感染者の数は、20(日)が162人、21(祝)が98人、22(祝)が88人、23(水)が59人であった。 感染者に関する情報収集処理システム"ハーシス"が今だにまともに機能していな…

東京の火曜日の感染者数が88人だったことで、自問自答してみた。

東京では、毎週月曜日が最も感染者が少なく報告される。おそらく週末になって病院の業務が減った日に対応しているからだろう。この例に漏れず、昨日(月曜日)は98人で、「久方ぶりの二桁を記録」などと報道されていた(「四捨五入したら100なんだが...」と…

「お盆における感染拡大についての予想」に対する検証

お盆からひと月が経過した。予想していたことが起きたのか、起きなかったのか、検証しておかないと、口だけ達者な政治家と同じになってしまう(東京版CDCの話はどこにいったのだろう?調べてみると、少しずつ準備はしているようだが....話題に上らなくなって…

秋の連休が存在するとは...:再びgotoキャンペーンの危機

まさか秋分の日と敬老の日が一緒になって、4連休になっているとは知らなかった。このタイミングで東京をgotoキャンペーに組み込んで、一儲けしようと企む政治家がいたとは恐れ入った。 それにしても、このところの日本全体の気の緩みはかなりのものである。…

アストラゼネカのワクチン:副作用の正体

新型コロナウイルス のワクチン開発で先頭を走っていたアストラゼネカ/オックスフォード大学の開発チームは、昨日、「深刻な副作用(adverse reaction)が発生した」と公表し、治験を一時中断した。その副作用の内容について調べてみたが、「公表」はされてい…

東京はピークを超えた(と思う)

お盆から2週間以上が過ぎた。お盆の後に首都圏に戻って来て、以前と同じような生活が始まれば、再び感染者は増加すると思っていたが、統計データを見る限り、そのようなことは起こっていないように見える。 どうやら、東京都民は7月末から8月初旬の増加傾向…

長野県の統計における「死者」隠し

一昨日の長野県最初の死者に関してであるが、その発表の仕方を長野県が突然変更したので、記録しておきたいと思う。 長野県のホームページには、「長野県内の新型コロナウイルスの動向」というセクションがあり、ここで感染者情報を公開している。 感染者の…

長野県で初めての死者

Gotoキャンペーンは加速するのだろうか? Gotoキャンペーンを始めたのは(おそらく)官房長官だろう。この方が総理大臣になることは(内々では)すでに決まった模様だ(正々堂々と決めて欲しかった)。次の政権のテーマは「継続性」だそうだから、新型コロナ…

週刊:東京23区の感染者発生トレンド(9)

今回の感染者発生トレンドにもいささか動きがあったように思える。とはいえ、新宿と世田谷を中心に事が推移しているのは変わらない。 前回の関心事は「ピークアウトしたように見えるのは一時的なものなのかどうか」という点であった。東京の感染者が久しぶり…

アメリカの大学で大量のクラスターが発生中

Washington Post紙の報道によると、アメリカの大学でクラスターが大量に発生しているとのこと。例えば、アラバマ大学の感染者は566人 (8月19日からわずか1週間でこの数の陽性者が発生!)、ミズーリ大学(コロンビア)は160人近く、南カリフォルニア大学(ロ…

血漿治療を認めたアメリカ政府:どうもデータの解釈に誤りがあるらしい

アメリカ政府が血漿治療を認可 FDA長官の説明 医学関係者からの指摘(反論) アメリカ政府が血漿治療を認可 新型コロナウイルスに感染したものの、無事に治癒した人の血液中にはIgG抗体がたくさん含まれている。治癒したのだから、この抗体は「有効な」抗体…

2度目の感染(2):香港大学の論文見つかる

概要とこれまでの背景:再燃か再感染か? 遺伝子型の比較 論文の中身 論文の概要 ゲノム解読 分析 概要とこれまでの背景:再燃か再感染か? 先ほど書いた「新型コロナウイルスに2度感染してしまった事例が香港で発見された」というニューヨークタイムズの記…

ついに出てしまった:二度目の感染者

New York Timesによると、4ヶ月半前に新型コロナウイルス(COVID-19)から治癒した香港の住民の一人が、昨日(8月24日月曜日)COVID-19に再度感染をしたことが報告された、という。報告したのは香港大学の研究者である。 ワクチンを期待している人には、これ…

東京の新規感染者が100人を下回る:収束の兆候なのか?

ほぼ2ヶ月ぶりに、東京の新規感染者の数が二桁になった、ということで、にわかに「お祭りモード」が日本社会に漂い始めている。我輩は一時的な現象ではないかと慎重に解釈しようと思うが、データ自体は確かに「峠を越えた」感じに見えるから、一般の方々が…

スーパーコンピュータ「冨嶽」を使ったシミュレーションNo.2

先日(密かに)リクエストした、「冨嶽」を使ったマスクの効果を検証する新しいシミュレーションが本日公開された。まさかこのブログを読んでいるとは思えないのだが、リクエストした内容にかなり近いシミュレーションをやってくれたので、とても感謝してい…

沖縄の感染爆発の可能性(3):国立感染研の所長の発表

政府分科会の会長が「沖縄の感染が下火になった」と発言して、議論が沸騰した沖縄の状況に進展があった。我輩がこのところ注目してきたD614G突然変異を持つ、米軍由来の新型コロナウイルス(おそらくGISAID cladeのGH型)の沖縄への侵入の可能性であるが、国…