jippiniusの自然科学研究

ジッピニウスの自然科学や技術関連についての備忘録です。

2020-08-04から1日間の記事一覧

PCR検査の「目詰まり」とはなにか?(4) ベイズ定理から導かれる偽陽性の確率

前回の続きで、ベイズ理論と、東京の現状に基づく、東京におけるPCR検査の偽陽性の可能性について考えてみたい。 まず、厚生労働省が行なった抗体検査の結果にもとづき、東京の感染率pをだいたい0.1%と仮定する。次に、世界的な経験値として得られたPCR検査…

PCR検査の「目詰まり」とはなにか?(3) ベイズ統計から導かれるPCR拡大否定の正当性

偽陰性の問題提起 " New England journal of Medicine"に載ったアメリカ研究者の論文 診断検査の2つの問題:偽陽性と偽陰性 米国における検査の品質の維持向上の仕組み:感度と特異度 無症状感染者に対する検査精度の確認実験 ベイズ理論を用いた偽陰性の議…

医者も混乱している:新型コロナウイルスの感染経路

「十分な感染対策をして(旅行にお出かけを)」という政府の掛け声を、真に受けてしまった人がたくさんいるようである。首都圏に集中していた新型コロナウイルスだが、「旅行」と称する、無症状感染者による「熱運動」によりそのエントロピーは限りなく増大…