jippiniusの自然科学研究

ジッピニウスの自然科学や技術関連についての備忘録です。

棒グラフの応用:県別の死亡率

昨日覚えたばかりの棒グラフを、県別の死亡率に応用してみることにした。いままで、死亡者数の統計がなかったのだが、最近NHKが県別のデータを公表し始めた。ただ、「棒グラフ」の形式でのみの公開であり、分析するためには自分でアスキーデータに焼き直す必要がある。しかたないので、棒グラフをみては、「1足す2足す4足す....」と延々と数える羽目になった。暗算の足し算をこれほど長時間やったのは、小学校以来かもしれない...(彼らの苦しみを再体験し、同情の念を持った次第)。

さて、苦しみの果てに手にしたグラフが以下である。

f:id:jippinius:20200926130021p:plain

9月26日現在の(県別)死亡率:部分

足し算の苦行は最後までは完遂できなかったことを、あらかじめご了承願いたい。

いくつか面白い特徴が見えてきたのは確かである。

まず、平均の死亡率は1.96%(=1391/73440)であった。Wikipediaの統計をみると、日本全国の死亡率は1.903%とあるから、だいたい主要なところは取り上げることができたと思って良いだろう。

5%を超える高い死亡率を示したのが、北陸の主要県である石川と富山であった。この理由については後で推理したい。

次に北海道である。北海道が高いのは、おそらく第一波のときに、感染が集中したせいで医療崩壊に近い状態になったからではないだろうか?最近の死者数も新規感染者数も比較的落ち着いているので(昨日はちょっと多く出て心配であるが)、平均値の2%程度まで落ちてきている感じがする。

3%付近にあるのが、山梨県群馬県であった。

個人的には、北海道以外の結果に非常に驚いた。これらの県は比較的感染者が少なく、よくコントロールしているという印象が強かったからだ(ただ、石川と群馬はちょっときになる点も見られるが)。

石川県は、9月の初めに病床占有率が非常に高くなって危機的な状況になったことがあった。おそらく、このときに医療崩壊に近い状態になって、助けられる人も助けられなかった状況が発生してしまったのではないだろうか?

www3.nhk.or.jp石川県の感染者数は少ないとは言えないが、大都市圏と比較すればそれほど多くはない。沖縄のような形で(米軍と観光客)感染が拡大したことも、あまり言われていない(兼六園や金沢の町並みは観光客にはとても人気があるとは思うが)。しかし、金沢にやってくる首都圏や関西圏からの観光客がウイルスを持ち込み、石川県にばらまいてしまった確率は高いはずだ。もしかすると、石川県では、感染が蔓延しているのだが、その報告が上がってこない、つまり感染者たちが自宅で頑張ってしまったのではないだろうか?したがって、新規感染者の数はあまり増加しないように見えるのだが、さすがに重症化すると病院にいかないわけにもいかず、しぶしぶ医者に行くことになる。しかし、症状がすでにかなり進んでいて治療が追いつかず、死亡率が上がってしまう...こんなところではないかと推理している。

富山県ももしかすると同じ傾向ではないかと考える。つまり、感染してもなかなか病院にいかず、なんとか自分で治そうとする人が多いのではないだろうか?その結果、運悪く重症化した人だけが病院にいくことになるが、行った時にはすでに時遅しとなって死亡率が上がる...そんなシナリオを個人的に思い描いている。

山梨県も感染者の数が少ないので、同じ傾向を感じる。特に、山梨県の感染者の報告は詳細であり、いったん感染したことが「みつかると」洗いざらい公開されてしまうという恐怖が、気軽にPCR検査を申し込む雰囲気をなくしているのかもしれない。

実は、群馬県の「感染者の行動歴」の公表も比較的詳細に記述されているのである。我輩も以前、群馬県の感染ケースを分析して、「ああ、なるほど。この前橋のおばあさんは、スーパーマーケットで感染したんだな」とわかってしまったケースがあった。そのときは、群馬県庁はいい仕事している、と思ったのだが、それが原因で感染を隠すようになると、ちょっとした問題である。

次に目立つのが、1%を切る低い死亡率を見せているところがあって、それが中部地方の静岡と長野であるということである。さらに低いのが北関東の栃木であり、同じ北関東の群馬とは大きな差が出た形となった。

そして、なにより注目すべきが新潟である。死者は0である。新潟は、北陸の隣でもあり、中部の隣でもあり、北関東の隣でもある。

死亡率が低い地域が、(関東と山梨を除く)フォッサマグナの領域であることは、なにか関連があるのだろうか?非常に不思議な結果である。

 

グラスゴー大学で172人の大規模クラスター感染

www.gla.ac.uk

「英国の大学でクラスター感染」と報道していたが、調べてみるとスコットランドだった。しかもグラスゴー大学ケルビン卿がいた一流校である。

英国の多くの大学は10月から「新年度」である。その直前には新入生の歓迎などのレセプションが行われる(日本でいうオリエンテーションに相当)。寮にもたくさんの新入生がやってきて、歓迎会が行われる。学生のみならず、両親や兄弟などもやってくる。こういう新学年度のガヤガヤした様子は、ハリポッターの映画で見ることができる(しかもハリポッターの学校はスコットランドが想定されている。)どうやら、今回のクラスターもそういった新歓関連に感染者が紛れ込んでいたのが発端らしい。管理者によると、少なくとも2人が味覚障害などを訴えていたという報道がBBCによって伝えられている。

www.bbc.com

gnuplotで棒グラフ

「東京都の新規感染者」とかいうタイプのグラフを描くときは、棒グラフにすると相場が決まっているようで、それ以外はあまりみたことがない。我輩が先ほど使ったのは折れ線グラフなので、どうも評判がよくない(かどうかは知らないが...)。

そこで、gnuplotで棒グラフを書いてみることにした。理論物理の論文ではまず使わないタイプのグラフなので、いままで使ったことがなかった。調べてみると、エクセルよりも綺麗にやれそうである(いままでエクセルを使ってきたが、ファイルが重くなってきて使いにくい)。

参考にしたのはこちらのページである(やっぱり、gnuplotを使うのは物理学者が多いのだろうか?)。

今回利用したのはplot with boxesで、スタイルをset style fill solid border lc rgb "#00ff00"としてみた。5月30日以降の新規感染者の推移のグラフである(NHKなどで公開されているのと同じタイプ)。

f:id:jippinius:20200925165834p:plain

5月30日以降の東京都における新規感染者数の推移

このデータは5月30日から、分析のためにasciiデータにして取り溜めてきたものである。様々な計算や分析はこのデータをもとに行なっているが、このデータ自体をグラフにしたのは初めてである。「おー、テレビと同じグラフになってる!」と感心してしまったのは、我ながら迂闊である。

また、このデータを取り始めてから、ついに120日目がやってきた、というのにもついつい感心してしまったのも、迂闊であった。それにしても、この第二波の形は「嫌な形」をしている。外挿法の観点から見ると、どうにも「終息」する気配がない。(200人あたりに「収束」しているようには見えるが...)

秋の連休による効果

9月の4連休は、19(土),20(日),21(祝),22(祝)であった。

東京都が発表した新規感染者の数は、20(日)が162人、21(祝)が98人、22(祝)が88人、23(水)が59人であった。

感染者に関する情報収集処理システム"ハーシス"が今だにまともに機能していないという報道が先日あったように、いまだに東京都の「新規」感染者の情報は2、3日前の「古い」情報だという。

www.asahi.com

したがって、98人を記録した21日のデータは、連休直前に病院等が診療をやめたせいだろう、とマスメディアは分析していた。したがって、連休に入るにつれて、見つかる感染者の数は減少するはずで、実際、「新規」感染者数が二桁を記録し続けたのは、その連休期間に対応していた。

ただ、連休最終日の検査結果を反映するはずの24(木)、つまり昨日の結果が195人に跳ね上がったのは気になる。会社員の「仕事が始まる前日は家で過ごす」という傾向が影響しているのだろうか?つまり、遊びから戻って、家でゆっくりしていたら具合が悪くなっちゃった...ということだったのかどうか?この辺りは不明である。

そして本日も195人の感染者が発見されたと報告された(未発見の感染者は相当数いるだろうが、もうそのことは周知のこととしていきたい)。

気になるのは、この連休期間に「新規感染者が二桁」を記録し続けていた間、どのメディアも「さあ減少フェーズに入ったぞ!バンザーイ」という論調で報道しなかった点である。読売新聞ですら、「これは連休中のため、検査数が著しく少ないための、一時的なもので、我々は警戒し続けねばならない」と報道していた。

 

www.yomiuri.co.jp

www.news24.jp

drive.google.com

報道各局が慎重な報道をしていたのは、東京都がそういうコメントをしていたらしいからだ。確かに、東京都の会見ではそういうコメントが多かったし、知事も慎重に解釈して、と言い続けていた。今までの経験からすると、こういうコメントを役所が出すときは、すでにその先の結果がわかっているときだと思う。

やはり東京都は、結構最近のデータを持っているのに、公表するのは(あえて)2,3日前のデータにしているような感じを受ける。もちろん、100%隠蔽しているわけじゃないだろうが、おおよその傾向がわかる程度に、昨日今日のデータを部分的に入手しているはずだ。そして結構な確度で、どういうことになっているのか知っているのだと思う。これこそ、国民の税金で作っているシステム「ハーシス」の目指す方向なのだが、最新のデータを役人だけが見れるという現状に強い不満を我輩は感じる。

東京都が発表するデータが「非科学的な統計データ」であることは、以上の点からも明らかであるし、いままでもファックスミイラ男/女による混乱などで正しい数字が出せていないことが広く指摘されてきたことからも支持されると思う。とはいえ、我々がアクセスできるのはこの数字しかないので、「非科学」を承知の上で分析してみよう。

K値の評判は散々で、もはや話題に上ることはないだろうが、我輩がK値から学んだのは、「1週間の合計を見て議論せよ」ということである。これは正しい指摘であると今でも思う。そこで、密かにそういうグラフを作り続けてきたのである。久しぶりにその成果を発表しよう。

f:id:jippinius:20200925160523p:plain

6月以降の、新規感染者の推移(1週間毎の統計)

6月から7月にかけて、「第二波」が始まりつつあった頃は、指数関数的な増加を見せていた東京の新規感染者の数だが、7月の半ばから急に「線形増加」に転じた。これは、「情報処理不足」による真の感染者数の見逃しのせいだと思う。が、保健所等の線形的な人員増員などで切り抜けようと努力している現れだと解釈した。それが、8月の頭に急激に減少に転じる。これは、新宿での大規模PCR検査が終了したタイミングである。

これ以降、「盛り場」系の感染爆発の報道が下火になり、今や新宿の水商売系の感染者は「0」(ごく少数)だという(この報道を我輩は信じていない)。いずれにせよ、新宿からの貢献が激減したため、東京全体としては少しずつ減少に転じていったのだが、その直後にGotoキャンペーン、そしてお盆がやってきたのである。

東京で発表されるべき感染者が地方へ散っていき、帰省先でカウントされたりする事例があったり、「お盆は危ない」としきりに報道したおかげもあって、都民の多くは自粛したらしく、なんとか減少傾向を維持したようにみえた。

....のだが、その下げ幅が次第に弱くなってきたのが2週間前である。やはり、帰省してリフレッシュし、気分がよくなって東京に戻ってきた感染者が動き回って感染を広めたようだ。さらに、お盆を切り抜けたという安心感もあって、警戒が大きく緩んだようにもみえる。その結果は先週の「再増加」という形で現れた。ただ、まだ「微増」あるいは「下げ止まり」であって、「深刻」には見えない。

そこで今週がどうなるか大いに注目していたのだが、「まさかのシルバーウィーク」(そんなのがあるとは知らなかった)によって、ふたたび「非科学的な統計」になってしまったのである。報告されている数自体は大きく減少はしたものの、その数字が意味する本当のところがわからなくなってしまったのである。

しかし、この2日の傾向を見れば、おそらく「シルバーウィーク」のせいで、人々の警戒心は一層緩み、下げ止まりや微増どころか、感染再拡大が現実的になってきたように見える。

この認識は東京都の本日の会見でも共有されており、おそらく彼らの手元には、昨日今日の跳ね上がった(部分)データがあるはずなのである。明日は土曜だが、250人あたりの数字が出てきても不思議ではない。来週にかけて、再び300人、400人の傾向が見えてくると、これはおおごとである。このまま秋冬に突入すれば、4桁の世界も見えてくるかもしれない。次の1週間は注意して推移を見ていきたいと思うのである。

htmlに様々なフォントを使ってみた。

Googleが、様々なフォントをAPIの形で提供していることを知って、さっそく試してみた。本当は、dotマトリクス風のフォントを使いたかったのだが、気に入ったものはなかった(有料版にはあったが)。

fonts.google.com

いくつか試してみた。

f:id:jippinius:20200924170929p:plain

Henny Penny (もう少しするとハロウィンである)

f:id:jippinius:20200924171111p:plain

VT323 (昔のPC端末のフォントじゃないかと)

f:id:jippinius:20200924171529p:plain

Vast Shadow (昔のアドベンチャーゲーム風である)

 

f:id:jippinius:20200924171816p:plain

Turret road (怪しいコンピュータ風)

f:id:jippinius:20200924174022p:plain

Rye (賞金稼ぎ/指名手配のチラシ用フォント?)






オンライン講義を聞いてみた

学生の立場に立ってみようと思い、自分自身でオンライン講義を聞いてみることにした。よくわかったのは、「これを聞け」と強制されるのは「嫌だ」ということである。

どうせなら、面白いものを、好きな時に、好きなように聞きたい。たとえば、10分聞いてみて飽きてきたら15分休憩して、また10分聞く....そんな感じである。

まあ、学位を取得するためには「卒業要件」というものが実際にはあるわけだから、ある程度は強制的に「時間をかけねばなるまい」(飛行機のパイロットになるために、何時間の飛行時間を経験した、というのと似ているだろう)。「個人的な自主的勉強」とはまるっきり状況は異なるわけだが、多少は「飽きる」「疲れる」という側面を考慮した授業構成にしたほうがよいと感じた。

喋りっぱなしや、長い動画はやめたほうがよいだろう。15分くらいで休憩を入れ、作文をさせたり、プログラミングをやらせたり、その品評会などを学生同士でやってもいいかもしれない。いずれにせよ、少し気分転換となるような内容を挟んだ方がいいな、と思った次第である。

 

今回聞いてみたのは、Oxford大学の数学の講義と、Cambridge大学の歴史の講義、そしてMITのコンピュータープログラミングの講義である。面白かったのは、Cambridge大学の歴史の講義(100年前のスペイン風邪の大流行の話)だったが、それでも15分くらいで疲れてきたので、休憩してしまった。

 

www.youtube.com

たぶん、自分がこれまでにやったオンライン講義を、自分で聞いたら、きっと途中で居眠りしただろう。大いに反省したというわけである。

svgの練習(1)

Hello, world!

<?xml version="1.0" enconding="UTF-8" standalone="no"?>
<svg width="391" height="391" viewBox="-70.5 -70.5 391 391" xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">

<style>
@font-face{
font-family:'b';
src: local(Times New Roman);
font-weight:normal;
}
</style>

<rect fill="#030" stroke="#000" x="-70" y="-70" width="390.5" height="390"/>
<rect fill="#050" stroke="#000" x="-40" y="-40" width="180.5" height="180"/>
<g transform="translate(0,0) rotate(20)">
<rect fill="#080" stroke="#000" x="-40" y="-40" width="180.5" height="180"/>
</g>

<g transform="translate(0,0) rotate(30)">
<rect fill="#5a5" stroke="#000" x="-40" y="-40" width="180.5" height="180"/>
</g>

<text x="0" y="300" font-family="b" font-weight="normal" font-size="45" fill="#050" stroke="#0b0">Hello, world!</text>
</svg>